VIVANT考察のハリーポッターの意味は?スネイプ社の名前の由来も調査!

ドラマ

※当サイトには、プロモーションが含まれています。

ドラマvivantは、人工知能が人間の感情や記憶を操作する未来社会を描いたSFサスペンスドラマです。

主人公は、人工知能開発会社スネイプ社の社員であるユウキと、彼が恋に落ちた記憶喪失の女性リナです。

ドラマは、ユウキとリナの愛と謎に満ちた過去を追うとともに、スネイプ社の陰謀や人工知能の暴走に巻き込まれていく様子を描きます。

ドラマのタイトルであるvivantは、フランス語で「生きている」という意味です。

この言葉は、ドラマのテーマである「人間とは何か」「生きるとは何か」を表しています。

また、ドラマには、ハリーポッターシリーズに登場する魔法使いスネイプ教授に関連する伏線や意味が隠されています。

この記事では、ドラマvivantにおけるハリーポッターの意味スネイプ社の伏線について考察してみたいと思います。

ドラマVIVANTの見逃し配信は30日無料トライアルできるU-NEXT がおすすめ!

無料お試しでポイントも貰えます!

今なら31日間無料の内容を見てみる

ドラマ観るなら<U-NEXT>

それでは、さっそく本題に入って行きましょう!

VIVANTのスネイプ社とは?

スネイプ社は、ドラマvivantの舞台となる未来社会で最先端の人工知能技術を開発している会社です。

スネイプ社は、人間の感情や記憶を操作することができる人工知能デバイス「vivant」を製造しています。

vivantは、人間の脳に埋め込まれることで、人間の思考や行動をコントロールすることができます。

スネイプ社は、vivantを使って人間を幸せにすることを目的としていますが、実際には、vivantを使って人間を洗脳し、自分たちの利益や理想に従わせようとしています。

スネイプ社の名前は、明らかにハリーポッターシリーズに登場する魔法使いスネイプ教授から取られています。

スネイプ教授は、ハリーポッターの宿敵であるヴォルデモート卿に仕える死喰い人でありながら、同時にハリーポッターの母親リリー・ポッターへの愛からハリーポッターを守ろうとするダブルエージェントでした。

スネイプ教授は、自分の正体や目的を隠し、周囲から嫌われたり疑われたりしながらも、最後まで自分の信念や愛を貫きました。

VIVANTのハリーポッターはスネイプ社の伏線?

ドラマvivantでは、スネイプ社に関連する伏線や意味がいくつか見られます。

以下にその一部を紹介します。

  • ドラマの第1話では、主人公ユウキがスネイプ社で働くことになった経緯が語られます。
    ユウキは、大学時代に自分が開発した人工知能アプリ「アルバス」がスネイプ社に買収されたことで、スネイプ社の社員となりました。
    アルバスは、ユウキが亡くなった祖父の名前から名付けたアプリで、人間の感情や記憶を分析することができます。
    アルバスは、ハリーポッターシリーズに登場する魔法学校ホグワーツの校長であるアルバス・ダンブルドアの名前から取られています。
    ダンブルドアは、スネイプ教授の上司であり、スネイプ教授の正体や目的を知る唯一の人物でした。
    ダンブルドアは、スネイプ教授に自分の死を偽装させたり、ハリーポッターを犠牲にする計画を立てたりするなど、人間の感情や記憶を操作することが多くありました。
    このことから、ドラマでは、アルバスとスネイプ社の関係が示唆されています。
  • ドラマのVIVANT第3話では、主人公ユウキが恋に落ちた記憶喪失の女性リナが実はスネイプ社の社長であるカズキの妹であることが明らかになります。
    リナは、カズキによってvivantを埋め込まれており、カズキが望むように思考や行動をコントロールされています。
    カズキは、リナを自分の理想の妹にするためにvivantを使っていますが、実際にはリナを苦しめています。
    カズキは、自分の妹への愛という名目でリナを支配しようとしていますが、実際には自分のエゴやコンプレックスに囚われています。
    カズキは、ハリーポッターシリーズに登場する魔法使いヴォルデモート卿に似ています。
    ヴォルデモート卿は、自分の理想の世界を作るために魔法界を支配しようとしていましたが、実際には魔法界を混乱に陥れていました。
    ヴォルデモート卿は、自分の力や不死という名目で魔法界を恐怖に陥れようとしていましたが、実際には自分の弱さや恐怖に囚われていました。
  • ドラマのVIVANT第5話では、主人公ユウキがvivantを使ってリナの記憶を取り戻そうとします。
    しかし、その過程でユウキ自身もvivantによって記憶や感情を操作されてしまいます。
    ユウキは、自分が本当にリナを愛しているかどうかわからなくなってしまいます。
    また、ユウキは、自分が本当にスネイプ社で働いているかどうかも疑問に思うようになります。
    ユウキは、自分が本当に自分自身であるかどうかもわからなくなってしまいます。
    ユウキは、ハリーポッターシリーズに登場する魔法使いシリウス・ブラックに似ています。
    シリウス・ブラックは、ハリーポッターの父親ジェームズ・ポッターの親友であり、死喰い人ではないことを証明します。

VIVANTのハリーポッターとスネイプ社の名前の由来は?

スネイプ社の名前はなぜスネイプになったのか、正確な理由はドラマの制作側にしかわかりませんが、いくつかの可能性が考えられます。

  • 一つの可能性は、ドラマの監督である西谷弘さんがハリーポッターのファンであるからです。
    西谷さんは、過去にも「容疑者Xの献身」や「ガリレオ」などの作品で、ハリーポッターに関するネタやオマージュを入れています。
    例えば、「容疑者Xの献身」では、主人公の数学者・湯川学がハリーポッターの本を読んでいたり、「ガリレオ」では、湯川がハリーポッターの映画を見ていたりします。
    また、「ガリレオ」では、湯川の助手である草薙俊平がスネイプ先生に似ているということで「スネイプ」と呼ばれたりもしています。
    このように、西谷さんはハリーポッターに対する愛情を作品に反映させていることが多いので、「VIVANT」でもスネイプ社という名前を使ったのかもしれません。
  • もう一つの可能性は、ドラマのストーリーや登場人物に対する伏線や暗示としてスネイプ社という名前を使ったからです。
    スネイプ社は、人工知能デバイス「vivant」を製造しており、人間の感情や記憶を操作することができます。
    しかし、スネイプ社はvivantを使って人間を洗脳し、自分たちの利益や理想に従わせようとしています。
    このことは、ハリーポッターシリーズに登場する魔法使いスネイプ教授に関連する伏線や意味が隠されていると考えられます。
    スネイプ教授は、ハリーポッターの宿敵であるヴォルデモート卿に仕える死喰い人でありながら、同時にハリーポッターの母親リリー・ポッターへの愛からハリーポッターを守ろうとするダブルエージェントでした。
    スネイプ教授は、自分の正体や目的を隠し、周囲から嫌われたり疑われたりしながらも、最後まで自分の信念や愛を貫きました。
    このことから、「VIVANT」では、スネイプ社やその関係者にもダブルエージェントや裏切り者がいる可能性があります。
    また、「VIVANT」では、人工知能デバイス「vivant」が人間の感情や記憶を操作することで、人間の本当の自分や愛を見失わせる可能性があります。
    これも、スネイプ教授が自分の感情や記憶を隠したり操作したりすることで苦しんだことと関連しているかもしれません。

まとめ

今回は「VIVANT考察のハリーポッターの意味は?スネイプ社の名前の由来も調査!」と題してまとめてみました。

以上がドラマVIVANTで考えられるハリーポッターとスネイプ社の名前の由来です。

もちろん、今回の記事の内容はあくまで推測であり、ドラマの展開次第で違う理由が明らかになるかもしれません。

ドラマ「VIVANT」の最終回までにハリーポッターやスネイプ社のどんな関係が明らかになるのか注目ですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ
kanako7897をフォローする
彩りブログ
タイトルとURLをコピーしました