Twitter凍結の異議申し立て返信きたけど英語で読めない!日本語訳で解説!

トレンド

※当サイトには、プロモーションが含まれています。

急にTwitterアカウントが凍結してしまい困っている人も多いのではないでしょうか。

特に何もしてないのにアカウント凍結になってしまったら悲しいので異議申し立てをしている人もいると思います。

ですがTwitterからの返信には「Your account was permanently suspended due to violations of our Terms of Service. After reviewing for reinstatement your account will not be restored.」と英語で書いてあるのでTwitterの返信が読めないですね。

そこでTwitterから来る異議申し立ての読めない英語(英文)の返信を日本語に翻訳してまとめてみました。

この記事で分かる内容はこちら。

・Twitterに異議申し立ての英語の返信内容を日本語訳で解説!
・Twitter異議申し立ての英語の返信がきたらアカウント永久凍結?

・なぜTwitterアカウントが凍結されたの?

それでは早速本題に入って行きましょう!

Twitterアカウント凍結異議申し立ての英語の返信内容は?

Twitterアカウントが凍結して異議申し立てをして英語で返信がきた内容を日本語に訳すと以下のようになります。

利用規約の違反により、お客様の(Twitter)アカウントは永久に停止されました。

復旧のための審査を行いましたが、あなたのアカウントは復活(復旧)することはありません。

英文:「Your account was permanently suspended due to violations of our Terms of Service. After reviewing for reinstatement your account will not be restored.

つまり、Twitterからの英語の内容は「Twitterアカウントの永久凍結」されたということです。

Twitterからの読めない英語の返信を日本語に翻訳すると、とても悲しくなってしまう内容でした。

何も違反してないのに永久凍結した人も多いようです。

Twitterアカウントを永久凍結されてしまうことは本当に残念ですね。

Twitterの英語返信が来てしまってもTwitterアカウントを復活(復旧)させる手立てはないのでしょうか。

調べてみました。

Twitter異議申し立ての英語の返信がきたらアカウント永久凍結?

Twitterから異議申し立ての英語の返信が来た場合は、ほとんどの場合は永久凍結でアカウントが使用できなくなりますが、Twitterアカウントをそのまま使える人はいます。

ただし、いつTwitterアカウントが使えなくなるかは定かではありませんので、新規でTwitterアカウントを作成することをおすすめします。

Twitterアカウント永久凍結の英語の返信が来てもTwitterアカウントを使用できた人は以下のような場合です。

・電話番号が使える
・メールアドレスも使える
・Twitterアカウントが稼働状態

また解除期間は2~3ヵ月とかなり長い時間がかかります。

現在のTwitterアカウントは停止して、新規でTwitterアカウントを使用した方が良さそうです。

現在のTwitterアカウントが永久凍結から復旧してもデータ復元はされないので、新規アカウントを作るしか方法がありません。

なぜTwitterアカウントが凍結された?

Twitterアカウントが凍結される理由や原因はいくつかあります。

・誰かの悪口を書く
・個人情報を載せる
・他のSNSサイトに自分のツイートを載せるなど

特に何もしてないのにTwitterアカウントが凍結したという場合は『プラットフォームの悪用とスパム』の違反というのが考えられます。

自分のツイートを他SNSサイト(Facebook)などに共有するとTwitterアカウントが凍結するので注意が必要です。

普段何気なくしてしまっている行動がTwitterの規約違反になることがあるので次回からは注意しましょう。

まとめ

今回は「Twitter凍結の異議申し立て返信きたけど英語で読めない!日本語で簡単解説!」と題してまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トレンド
kanako7897をフォローする
彩りブログ
タイトルとURLをコピーしました