森まさこの経歴と学歴!出身高校大学はどこ?プロフィールも紹介!

人物

※当サイトには、プロモーションが含まれています。

森まさこ議員は政治家や弁護士として活躍するだけでなく、金融庁やニューヨーク大学などでも経験を積んだ多彩な人物です。

どんな人生を歩んできたのでしょうか?

内閣総理大臣補佐官(女性活躍・LGBT理解増進担当)の森雅子(森まさこ)さんの経歴と学歴、出身高校大学について紹介します。

この記事でまとめた内容はこちら。

・森まさこの経歴は?
・森まさこの出身高校大学などの学歴は?
・森まさこのプロフィールは?

それではさっそく詳しく見ていきましょう。

森まさこ議員の整形疑惑の記事はこちらから。

森まさこ首相補佐官の経歴は?

森まさこ首相補佐官の経歴をまとめてみました。

【森まさこ首相補佐官の経歴】

・福島県いわき市出身
・大学卒業後、弁護士として活動しました。
・その後、金融庁に入庁し、金融証券検査官などを務めた。
・2006年に福島県知事選に出馬しましたが、落選しました。
・2007年に自民党公認で参議院議員に初当選しました。
・以来、3回連続で当選しています。
・2012年には初入閣し、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全、少子化対策、男女共同参画)に就任しました。
・2019年には法務大臣に就任しましたが、翌年辞任しました。
・2021年からは内閣総理大臣補佐官(女性活躍・LGBT理解増進担当)として、社会的に重要なテーマを担当しています。

森まさこ首相補佐官は1964年8月22日、福島県いわき市に生まれました。

12歳の時に父親が弁護士に救われたことがきっかけで、自身も弁護士を志望しました。

出身大学は東北大学法学部です。

大学時代の同期には枝野幸男さんがいます。

枝野幸男さんの顔画像はこちら。

大学卒業後の1988年に法学士の称号を得て、1992年に27歳で司法試験に合格しました。

司法修習47期を経て、1995年に弁護士登録しました。

  

1998年には独立して法律事務所を設立しました。翌1999年には日本弁護士連合会による人権弁護士育成のためのアメリカ合衆国留学制度を利用して、出産したばかりの長女を連れて渡米しました。

ニューヨーク大学ロー・スクールに入学し、金融の専門知識を身につけました。

  

帰国後の2005年には金融庁に入庁し、総務企画局企画課信用制度参事官室課長補佐や検査局金融証券検査官を務めました。

金融庁時代の職場仲間には豊田真由子さんがいます。

豊田真由子さんの顔画像がこちら。

2006年には佐藤栄佐久さんの辞職に伴う福島県知事選挙に無所属で立候補しましたが、民主党が擁立した前参議院議員の佐藤雄平さんに敗れてしまいました。

 

ですが、2007年の第21回参議院議員通常選挙では自民党公認で福島県選挙区から立候補し、初当選しました。

当選直後の2007年自由民主党総裁選挙では福田康夫さんを支持し、半年後に福田さんが所属する町村派へ入会しました。

2008年自由民主党総裁選挙では与謝野馨さん、2009年自由民主党総裁選挙では谷垣禎一さんの推薦人名簿にそれぞれ名を連ねました。

2009年には自民党法務部会長に就任しました。

2010年4月には自民党が設置した政権力委員会(ネクスト・ジャパン)では治安・法務・政治改革担当に就任しました。

同年9月には政権力委員会の廃止に代わり新設された自由民主党シャドウ・キャビネットで影の法務副大臣に起用されました。

同年の参議院議員会長選挙では、元外務大臣の中曽根弘文さんの推薦人に名を連ねました(中曽根さんは参議院幹事長の谷川秀善さんを破り当選しました)。

 

2012年には参議院行政監視委員長に就任しました。

同年12月の第2次安倍内閣では当選1回ながら初入閣し、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全、少子化対策、男女共同参画)に就任しました。

同時に国務大臣としての所管事項として、女性活力・子育て支援を担当することになりました。

 

2013年7月21日の第23回参議院議員通常選挙で再選しました。

同年9月17日からは、特定秘密保護法案の成立を目指し、特定秘密保護関連の担当大臣も兼務しました。

2014年9月の内閣改造で退任しました。

2015年10月23日、自民党環境部会長に就任しました。

2016年には参議院環境委員長に就任しました。

2017年には自民党治安・テロ対策調査会長(2019年11月まで3期)となりました。

2018年には自民党女性活躍推進本部長となりました。

  

2019年7月21日の第25回参議院議員通常選挙で3選しました。

この時の様子がこちら。

同年10月31日、法務大臣を務めていた河井克行さんが妻案里さんの選挙違反疑惑の責任を取り辞任したことに伴い後任として同日付で法務大臣に就任しました。

2019年12月26日、福岡一家4人殺害事件の犯人である中国人死刑囚に対する死刑の執行を命令しました。

2020年2月27日、野党4党から不信任決議案が提出されましたが、与党の反対多数で否決されました。

2020年9月16日、安倍内閣総辞職に伴い、法相の任を離れました。

 

2021年11月10日、第2次岸田内閣において内閣総理大臣補佐官(女性活躍担当)に就任しました。

2022年8月10日、第2次岸田改造内閣で再任しています。

2023年2月17日から第2次岸田改造内閣において内閣総理大臣補佐官(LGBT理解増進担当)を兼任しています。

森まさこ議員は、女性活躍やLGBT理解増進といった社会的に重要なテーマを担当しており、総理の近くでアドバイスをする役割を果たしています。

森まさこ議員は、「女性のリアルな声を総理に伝える」というモットーのもと、全国各地で女性との対話を行っています。

また、海外への出張や国連女性の地位委員会などの国際会議にも積極的に参加し、日本の女性政策やLGBT問題に関する取り組みを発信しています。

森まさこ議員は、自身の経験や知識を生かして、多様な人々が活躍できる社会の実現に向けて努力していると言えるでしょう。

森まさこ首相補佐官の学歴は?出身高校大学はどこ?

森まさこ首相補佐官の学歴をご紹介します。

出身小学校:いわき市立植田小学校

出身中学校:いわき市立植田中学校

出身高校:福島県立磐城女子高等高校(現福島県立磐城桜が丘高等学校)

出身大学:東北大学法学部

留学:ニューヨーク大学ロー・スクール

森まさこ議員は東北大学法学部に入学し、法学士の称号を得ました。

ニューヨーク大学ロー・スクールに留学し、金融の専門知識を身につけました。

森さんは弁護士や政治家としてだけでなく、金融庁や内閣府などでも活躍してきました。

現在は内閣総理大臣補佐官(女性活躍・LGBT理解増進担当)として、社会的に重要な役割を果たしています。

森さんの経歴と学歴は、多くの人にとって刺激的で参考になるものだと思います。

森さんの今後の活躍にも注目していきたいですね。

森まさこ首相補佐官のプロフィールと顔画像!

森まさこ議員のプロフィールをまとめてみました。

名前:森雅子(もりまさこ)
生年月日:1964年8月22日
年齢:59歳(2023年9月現在)
出身地:福島家いわき市

森まさこ首相補佐官の顔画像はこちらです。

森まさこ議員は、1964年8月22日生まれの59歳です。

福島県いわき市出身で、東北大学法学部卒業後、弁護士として活動しました。

その後、金融庁に入庁し、金融証券検査官などを務めました。

2021年からは内閣総理大臣補佐官(女性活躍・LGBT理解増進担当)として、社会的に重要なテーマを担当しています。

また、海外への出張や国連女性の地位委員会などの国際会議にも積極的に参加し、日本の女性政策やLGBT問題に関する取り組みを発信しています。

森まさこ議員は、自身の経験や知識を生かして、多様な人々が活躍できる社会の実現に向けて活動中です。

まとめ

今回は「森まさこの経歴と学歴!出身高校大学はどこ?プロフィールも紹介!」と題してまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
kanako7897をフォローする
彩りブログ
タイトルとURLをコピーしました